FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

ヒートマップはプレーの流れを理解する良い方法である。選手がパスを出して受ける場所を見ることで、彼らがどのようにしてビルドアップからゴールに貢献するかを理解するのに役立つ。ヒートマップは、多くのゴールやアシストが記録される前の、シーズンの序盤戦を評価するの ...

現役時代バルセロナの選手として、ペップ・グアルディオラは守備的ミッドフィールダーとして、冷静なコントロールと正確なパスで知られていた。中盤の後ろからの視点から、彼は試合の幾何学を見ることができた。パス、オフ・ザ・ボールの動き、ポジショニングが試合にどのよ ...

以下はマンチェスター・ユナイテッドの引き分けに終わったバーンリー戦のパスネットワークである。選手は赤い点であり、ボールを受けたりパスを出した平均位置に従って配置される。それらを結ぶグレーの線は、成功したパスの数を示している。線が太くなるほど、より多くのパ ...

期待点は、ファンがチームを理解し、マネージャーが戦術を改善し、賭けでブックメーカーを倒すことができる方程式なのだろうか。残念ながら期待点は、フットボールの魔法の式ではない。期待点は出発点であるが、このテクニックの限界についても考える必要がある。まず期待点 ...

とんとん@sabaku11323バックに対して前3枚で対応する際に弱みとなるのはHVからWB経由でアンカーに繋がれる事。横幅を3枚でカバーするのは難しいし、WB・SBに対応させるには位置が高い。サイドを限定できればCHも参加して奪いに行けるかもだけど、それをさ… https://t.co/h2n ...

チャンスの創造(Chance Created)は、シーズンの開始や国際トーナメントのような比較的短い期間にチームを評価する場合に特に重要である。得点はフットボールではあまり頻繁ではなく、多かれ少なかれ不特定性が存在する。多くの試合と多くのゴールを目の当たりにするまでは ...

フットボールの数学は難しくない。若い選手は、教室で習うより前に試合の幾何学を学ぶ。フットボール統計学の世界 “期待点”(ExpG)フットボール統計学の世界 “期待点モデル”(ExpG Model)角度とシュートについて考えてみよう。角度が大きければ大きいほど得点のチャン ...

フットボールの試合前、試合中、試合後には、多くの数字が表示される。選手の走行距離、枠内/枠外シュート数、コーナー数、ボール保持率は、メディアに表示されている統計の一部である。あたかもチームがうまくプレーしているか悪いプレーをしているかを評価するために必要な ...

誰もが知っているように、フットボールにはスキルが存在する。優れたスキルを持つ選手は、ビッグマッチなど様々な場面で大きな違いをもたらしてきた。彼らの長期的な成功は、彼らが幸運であるという理由だけではない。しかし、フットボールには良い方にも悪い方にも運が存在 ...

“最近”、分析コミュニティで策定された2つの先進的な守備の指標に触れ、それらを組み合わせてさまざまな守備スタイルを特定していきたい。(2014年11月10日の記事)カウンタープレッシング(Counter-Pressing)カウンタープレッシングとポジティブトランジション クロップ ...

ぱこぱこ・へめす@tenchan433Brilliant ball control by Isco between the lines. https://t.co/SP1rIkurtp2017/04/23 18:52:20ぱこぱこ・へめす@tenchan433Overloads & switching positions in right half-space leads Messi's goal. https://t.co/odkJZXzHAv2017/04/29 15: ...

リヴァプールは土曜日には勝利しなかったが、フィリペ・コウチーニョは絶好調だった。スパーズ(トッテナム)戦でのダニエル・スターリッジとのワンツーとそれに続く素晴らしいフィニッシュは、コウチーニョがベストなプレーを見せている完璧な例だった。今シーズンを通して ...

↑このページのトップヘ