FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

村松裕樹 Yuki Muramatsu@MuramatsuFutsal【動画】チリ代表のトランジション、プレスと追跡。 https://t.co/yIHJAtxOx7 https://t.co/hhPVgRSQAj2017/07/06 23:20:42 村松裕樹 Yuki Muramatsu@MuramatsuFutsal【動画】ペップ・グアルディオラの年月とコンセプト。バルサ、バ ...

ビッグクラブの試合内容が悪いと疑い始めるのに、不運はどれだけ続くのだろうか。簡単にするために、サッカーチームが「最高(Brilliant)」か「最悪(Crap)」のいずれかになると想像する。これらはメディアがチームを表現する2つの状態であるが、それは良い出発点となる。確率 ...

だいぶ前に1回読んだ書籍だが、レビューを書いていなかったのでまとめてみた。最近では『多動力』が大きな話題となっているが、今回は以下の書籍。なぜ君たちは一流のサッカー人からビジネスを学ばないの? [単行本(ソフトカバー)]堀江 貴文ワニブックス2016-11-30目次はじ ...

ドイツ対イタリアのPK戦で10人のキッカーのうち、6人は得点に失敗した。そのうちの4人(メスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、グラツィアーノ・ペッレ、シモーネ・ザザ)が枠を捉えられなかったか、ポストに嫌われた。(2016年7月9日の記事)そして、彼 ...

選手の評価のためのシステムにとっての最大の課題の1つは、守備での貢献の測定である。守備はタックルとインターセプトの問題だけでなく、適切なポジショニングの問題である。選手にマークを付いたり、相手がボールを持っている時にプレッシングをかけることによって、良いデ ...

フットボール選手は、パス数、タックル、パス成功率などの単純な統計に基づいて順位付けすることはできない。ポジショニングが悪いからタックルが多いのかもしれないし、簡単な選択肢しか選ばないからパス成功率が高いのかもしれない。私たちは、選手のパフォーマンスについ ...

NASAにはすでに、フリーキックについて説明するための研究チームがある。ボールの位置、方向、力、スピンを入力して、ターゲットに当たるかどうかを計算できるオンラインシュートシミュレータを作成している。オンラインで自由に入手可能なこのシミュレータを使いこなすと、 ...

月曜日の夜にレスター対リヴァプールの試合が行われた。レスターの復調は、マーク・オルブライトンとジェイミー・ヴァーディのペアによって見られた。以下はオルブライトンがヴァーディーにスルーパスを送った瞬間である。この種類のパスを行うために何が必要なのかを知るた ...

ぱこぱこ・へめす@tenchan433Video Analysis: Agero vs WBA https://t.co/gXL0JGTcmI2017/05/17 17:13:09ぱこぱこ・へめす@tenchan433Positional mobility of forward four by RB Leipzig leads Boateng to improper position. https://t.co/lBpLrL4zgj2017/05/20 11:47:47 ...

フットボールの戦術は、スペースを創造し、コントロールすることである。試合を正しく分析する前、筆者(David Sumpter氏)はこの重要な点を過小評価していた。フットボールが主にボールをコントロールすることについてだと考えていたが、そうではない。個々の選手は非常に上 ...

選手、監督、コーチングスタッフにとって、フットボールのタイムスケールは非常に短い。彼らは次の週の相手に興味を持ち、残りのシーズンがうまくいくようにしている。マネージャーの仕事は、しばしば時間が非常に限られており、結果が出なければ解任されてしまう。フットボ ...

ヒートマップはプレーの流れを理解する良い方法である。選手がパスを出して受ける場所を見ることで、彼らがどのようにしてビルドアップからゴールに貢献するかを理解するのに役立つ。ヒートマップは、多くのゴールやアシストが記録される前の、シーズンの序盤戦を評価するの ...

現役時代バルセロナの選手として、ペップ・グアルディオラは守備的ミッドフィールダーとして、冷静なコントロールと正確なパスで知られていた。中盤の後ろからの視点から、彼は試合の幾何学を見ることができた。パス、オフ・ザ・ボールの動き、ポジショニングが試合にどのよ ...

↑このページのトップヘ