FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

更新情報

現在4シーズン目となる指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノは積極的なプレッシングのスタイルを確立している。スパーズは積極的にプレッシングを行い、相手チームにポゼッションをさせず、ボールを奪い取る。 しかし今シーズン、スパーズは状況によって通常の試合プラン
『フットボール統計学 トッテナムがリヴァプール戦で選ぶプレッシングのスタイル』の画像

サッカーは“ミスのスポーツ”と評されることが多い。ミスとエラーの違いは興味深いが一旦置いておいて、足を使ってプレーする点やピッチがかなり広い点、少ない得点で勝敗が決する点などが不確定性(randomness)を生む。『サッカーマティクス』の著者である応用数学のDavid S
『サッカーとは、戦術を「無効化」するスポーツである。五百蔵容×結城康平対談(3)へのコメント』の画像

CSKA Moscow 0-2 Basel 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for CSKA Moscow against Basel. #passmap #xGplot #autotweet https://t.co/NLLzJbHjJ52017/10/18 14:51:34 Benfica 0-1 Man Utd 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Benfica against Man Utd.
『UEFA Champions League Match Day 3 Part 2』の画像

フルマッチ動画 | サッカー動画速報 Spartak Moscow 5-1 Sevilla 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Spartak Moscow against Sevilla. #passmap #xGplot #autotweet https://t.co/p5gletYRBO2017/10/17 14:51:51 Maribor 0-7 Liverpool 11tegen11@11tegen11Pa
『UEFA Champions League Match Day 3 Part 1』の画像

五百蔵容さんと結城康平さんの陰で、僕のコメントも一部で好評だったようでありがたい。では、今回もコメントを書いていこう。ぱこぱこ・へめす@tenchan433【更新しました】 日本代表に足りない“ポジショナルプレー”とは何か? 五百蔵容結城康平対談(1)へのコメント @V_spo
『日本サッカーの重大な課題は、「抽象化できないこと」である。五百蔵容×結城康平対談(2)・サッカーを革新したチェスの概念 ポジショナルプレーという配置論へのコメント』の画像

攻撃的・守備的はわかりやすいフレーズで、実際にハリルホジッチは守備的という非難に使われた。ただ、確かオランダあたりだったと思うが、攻撃や守備は戦争由来の語彙であり、サッカーの用語を再定義するという流れがある。ポゼッション・非ポゼッション、そしてそれを結び
『日本代表に足りない“ポジショナルプレー”とは何か? 五百蔵容×結城康平対談(1)へのコメント @V_sportsnews』の画像

マンチェスター・ユナイテッドは今シーズンの開幕でスタートダッシュを決めた。今シーズンの印象的なスタートを切った主な要因は、昨年に比べてより自由で、より攻撃的な役割を果たした中盤のポール・ポグバの強力なパフォーマンスだった。彼は守備、プレッシング、さらに攻
『フットボール統計学 ポグバ離脱の影響はあるのか マンチェスター・ユナイテッド 4-0 クリスタル・パレス』の画像

Basel 5-0 Benfica 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Basel against Benfica. #passmap #xGplot #autotweet https://t.co/raHtoIiWNq2017/09/27 14:51:59 CSKA Moscow 1-4 Man Utd 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for CSKA Moscow against Man
『UEFA Champions League Match Day 2 Part 2』の画像

Sevilla 3-0 Maribor 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Sevilla against Maribor. #passmap #xGplot #autotweet https://t.co/qOKRtnlYk42017/09/26 14:53:29 Spartak Moscow 1-1 Liverpool 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Spartak Moscow ag
『UEFA Champions League Match Day 2 Part 1』の画像

今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測
『フットボール統計学 クーマンのスタイルの問題点 エヴァ―トン』の画像

昨シーズンのチェルシーとプレミアリーグへのアントニオ・コンテの最大の戦術的貢献は、3-4-3フォーメーションの導入だった。3-4-3システムでは、アザールやウィリアンのような選手高い位置でプレーさせられただけではなく、守備的にも強いことが証明された。以下は昨シーズ
『フットボール統計学 コンテの築いた守備組織は綻びを見せるのか チェルシー vs アーセナル』の画像

Maribor 1-1 Spartak Moscow 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Maribor against Spartak Moscow. #passmap #xGplot #autotweet https://t.co/i3qtlJ4fM32017/09/13 14:51:36 Liverpool 2-2 Sevilla 11tegen11@11tegen11Passmaps & xGplot for Liverpool a
『UEFA Champions League Match Day 1 Part 2』の画像

Barcelona 3-0 Juventus 11tegen11@11tegen11A convincing score line for Barcelona, but all other stats look pretty similar.Juventus had their share of attempt… https://t.co/60SrcEtKNT2017/09/13 00:51:1811tegen11@11tegen11More fullback passing than before,
『UEFA Champions League Match Day 1 Part 1』の画像

マンチェスター・シティはホームでポゼッションをコントロールする可能性が高く、リヴァプールはカウンターアタックをしようとしているだろう。しかし、最終的な試合結果を決めるのは、チームがポゼッションしていない時にどのようにプレッシングをかけるかである。プレッシ
『フットボール統計学 グアルディオラとクロップのプレッシング対決 マンチェスター・シティ 5-0 リヴァプール』の画像

ぱこぱこ・へめす@tenchan433サウジアラビア対日本のパスマップ。シュートの位置とタイムラインを追加したよ。 https://t.co/VRBL4AQlOS2017/09/05 15:28:19 ぱこぱこ・へめす@tenchan433こっちが日本。 https://t.co/xmpTq5Sqcd2017/09/05 15:29:13 ぱこぱこ・へめす@tench
『FIFA World Cup Asian Qualifier Saudi Arabia 1-0 Japan』の画像

追加期待点(xG added)モデルで'危険'値を割り当てることは、いくつかの方法で行うことができる。まず、これらの'危険'値を推定するために通常の期待点(xG)モデルを使用するのは簡単に思われる。通常のxGモデルを使用する別の方法は、ポゼッションベースのモデルを使用するこ
『フットボール統計学 追加期待点(xG added)を向上させるポゼッションベースのモデル』の画像

新たなシーズンが始まりプレミアリーグは3節までが終了してインターナショナルウィークの中断を迎えているが、選手のパフォーマンスを評価する指標の1つとなるxG(期待点)を用いて、ハリー・ケインに焦点を当てよう。昨シーズン、ケインはレスターとの最終戦で4得点を挙げ、29
『フットボール統計学 いつハリー・ケインが今シーズン初得点を奪うのか xGシュミレーションとプレッシングでの貢献』の画像

ぱこぱこ・へめす@tenchan433オーストラリア戦プレビュー前回は本田を1列目に置いた4-1-4-1対中盤オーバーロードの4-1-3-2。原口がWG化(意図的かは謎)でほぼ5-3-2のような守備ブロック。一方豪州はSBが横幅を取るも中盤に密集。CBやDHではボー… https://t.co/57PG5MYxmF
『FIFA World Cup Asian Qualifier Japan 2-0 Australia』の画像

何年もの間、我々は選手がどれほど良いパスの出し手であるかを評価するツールとして、パス成功率を使用してきた。問題は、基本的なパス成功率が選手の評価にとって無意味であるということである。フットボールはパスのゲームでその最後にゴールがあるだけであり、データの観
『フットボール統計学 パス成功率はほとんど無意味 パス能力を評価する パーセンタイル(Percentile)』の画像

昨シーズン、モウリーニョはホームでのパフォーマンスを改善し、マンチェスター・ユナイテッドは一度しか負けなかった。しかし、ホームのオールド・トラフォードでは10試合のドローでシーズンを終え、プレミアリーグで最も多いホームでのドローを記録し、6位に終わった。自宅
『フットボール統計学 マティッチとルカクの加入がもたらす攻撃への効果 マンチェスター・ユナイテッド』の画像

一般に、ゴールへのパスは攻撃に価値を付加するが、成功させることも難しくなる。一方、ゴールから離れるパスは危険から逃れられることが多く、通常は成功させるのは簡単である(明らかにこれは必ずしも真実ではなく、時々ポゼッションを継続させるためにバックパスを行うこ
『フットボール統計学 パスの能力を評価する追加期待点(xG added)』の画像

昨シーズンのリヴァプールの最大の課題は、中位や下位のクラブからサイドを崩すことだった。彼らは上位に対していくつかの素晴らしい結果をもたらしたが、下位クラブに予想外の敗北をもたらした。その理由の1つは、ユルゲン・クロップのカウンタープレッシングやカウンターア
『フットボール統計学 リヴァプールはさらにカウンタープレッシングを極める』の画像

↑このページのトップヘ