FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

更新情報

フットボールの試合前、試合中、試合後には、多くの数字が表示される。選手の走行距離、枠内/枠外シュート数、コーナー数、ボール保持率は、メディアに表示されている統計の一部である。あたかもチームがうまくプレーしているか悪いプレーをしているかを評価するために必要な
『フットボール統計学の世界 ボール保持率と得点差の関係』の画像

誰もが知っているように、フットボールにはスキルが存在する。優れたスキルを持つ選手は、ビッグマッチなど様々な場面で大きな違いをもたらしてきた。彼らの長期的な成功は、彼らが幸運であるという理由だけではない。しかし、フットボールには良い方にも悪い方にも運が存在
『フットボール統計学の世界 運(Luck)が占める割合と不特定性(Randomness) ポアソン分布』の画像

リヴァプールは土曜日には勝利しなかったが、フィリペ・コウチーニョは絶好調だった。スパーズ(トッテナム)戦でのダニエル・スターリッジとのワンツーとそれに続く素晴らしいフィニッシュは、コウチーニョがベストなプレーを見せている完璧な例だった。今シーズンを通して
『フィリペ・コウチーニョのシュート距離と危険域でのチームプレー』の画像

2017/03/23 Thu. UAE 0-2 日本らいかーると@qwertyuiiopasd【アフロマンを試合から消す策】日本対UAE【様々な優位性で勝負をすること】 https://t.co/0xD7I9oQiM2017/03/23 21:56:32ぱこぱこ・へめす@tenchan433@uaefa_ae 0-2 @jfa_samuraiblue#ExpG 1.39-2.09#PDO 846-1153#
『UAE 0-2 日本 日本 4-0 タイ』の画像

①後頭葉(Occipital Lobe)この大脳(Cerebrum)の中の視覚を支配する領域は、周りを監視し、対応するのに役立っている。「空間認識(Spatial Awareness)に関連しています」とTom Bates氏は述べている。「あなたの思考、意思決定、反応のスピードはここから始まります。そ
『試合中の脳の働き 想像力と創造性』の画像

エジルやラムジーについて様々な意見があるが、それにはアーセン・ベンゲルのシステムを理解することが重要である。アーセナルは今シーズンの試合のほとんどにおいて、4-2-3-1フォーメーションを使用している。以下の図は、シーズン序盤のクリスタル・パレス戦でのパスネット
『“パスヒートマップ”(Pass Heat Map)が示すアーセナルの中盤の緊密さ』の画像

チームは、選手たちが繋がっている時に最も効果的である。繋がっているとは、選手たちがお互いの動きを予測してゲームを読むことである。これらの繋がりの多くは、微妙で統計だけで見ることは難しい。しかし、チームがどれだけうまく繋がっているかを定量化する方法がある。
『“パスネットワーク”(Passing Network)が示すエデン・アザールへの過剰な依存 チェルシー』の画像

4つの局面とカウンタープレッシング 現代の守備システム(前編)「クラシック」なプレッシング 現代の守備システム(中編)Shooty [シューティ]@shooty_jp【最新】バイエルン vs アーセナル 攻撃と守備は切り離された概念ではない https://t.co/tLOcVj1UMB #アーセナル #バイエル
『自陣での守備とクロスへの守備 現代の守備システム(後編)』の画像

4つの局面とカウンタープレッシング 現代の守備システム(前編)プレッシング「クラシック」なプレッシングを重要な要素として言及することなく、守備について書くことは不可能である。現在では、ほとんどのチームがこのプレッシングの面で自分たちのプレーを構成し始め、サッ
『「クラシック」なプレッシング 現代の守備システム(中編)』の画像

近年のフットボールは、主にゲームの周期性によって引き起こされた深刻な発展を経てきた。スタイルはヨーロッパのフットボールのトップで絶えず変化しているが、トレンドははっきりと目に見えている。攻撃側のフットボールの強化は、監督が発明に対する新しい解決策を見つけ
『4つの局面とカウンタープレッシング 現代の守備システム(前編)』の画像

レスター・シティのシーズンは専門家の予想を裏切り、ファンの期待を上回っており、統計を無視している。全てのものが彼らのもとへ転がり落ちていった。ピッチでは、ロベルト・フートとウェズ・モーガンの強固な守備、ダニー・ドリンクウォーカーとエンゴロ・カンテの激しい
『守備領域とカウンターアタック レスター』の画像

久しぶりのゆるい記事です。チャンピオンズリーググループリーグレビューUEFAチャンピオンズリーグ2016/17グループリーグの予想Champions League@ChampionsLeagueThe official result of the #UCLdraw https://t.co/WxbnD5tLEP2016/08/25 10:58:01Champions League@Champions
『UEFAチャンピオンズリーグ2016/17ベスト16予想』の画像

今回はブンデスリーガの優勝予想をする。前回のラ・リーガ同様、統計の解説をしていきたい。ぱこぱこ・へめす@tenchan433【プレミアリーグ16/17】優勝するのは、、、2017/02/02 19:30:25ぱこぱこ・へめす@tenchan433【リーガ・エスパニョーラ16/17】優勝するのは、、、2017/0
『ブンデスリーガの優勝予想と統計まとめ』の画像

リーガの優勝予想をしてみた。それぞれの統計について簡単に解説していきたい。ぱこぱこ・へめす@tenchan433【プレミアリーグ16/17】優勝するのは、、、2017/02/02 19:30:25ぱこぱこ・へめす@tenchan433【リーガ・エスパニョーラ16/17】優勝するのは、、、2017/02/02 19:33:2
『リーガ・エスパニョーラの優勝予想と統計まとめ』の画像

ペップ・グアルディオラとマウリシオ・ポチェッティーノのフットボール哲学には多くの類似点があり、今シーズン2度目のマンチェスター・シティとトッテナム・ホットスパーの試合は、プレッシングと高いDFラインにより速いペースで興奮するな試合を繰り広げた。しかし、トッテ
『マンチェスター・シティ vs トッテナム プレミアリーグ』の画像

興奮させるようなフットボールをするには複数の方法がある。それは今シーズンのレスターの素晴らしい成功の教訓の一つに過ぎない。プレミアリーグの王者は、ゲームに勝つだけでなく、他のチームとは異なるやり方で勝利することによって、誰もがショックを受けた。(2016年2月
『ポジティブトランジションのスピードとパスの距離 レスター』の画像

数字はサッカーに革命を起こしている。試合ごとに、選手たちのパス成功率、走行距離、得点率に関する統計情報が表示される。空想のフットボールのリーグでは得点、出場、アシストに応じて選手にポイントを割り当てている。賭けサイトでは、チームがシュート数、コーナーキッ
『“分布図”(Distribution Map)から考える戦術 マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル』の画像

2017年に入り、フットボール統計学について取り扱ってきた。今回は、数学、特に幾何学の観点からフットボールについて見ていきたい。(2016年3月16日の記事)2015年はバルセロナにとって壮大なもので、ラ・リーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの3冠を獲得した。
『フットボール幾何学 バルセロナのシンメトリー(対称性)』の画像

応用数学の教授であるDavid Sumpter氏のTED Talkの翻訳である。サッカー(Soccer)と数学(Mathe“matics”)から作った造語である著書『Soccermatics』を出版し、『FourFourTwo』などでも寄稿している彼のプレゼンテーションを聞いて、サッカーと数学をどちらも好きな方々に
『Soccermatics(サッカーマティクス) 数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」: how maths explains football | David Sumpter』の画像

これまで期待点(ExpG)という概念について学んできた。今回はそれを使いながら新たな言葉について学んでいきたい。PDOは興味深い統計である。 それは何かの頭文字というわけではなく無意味なものであるが、同時に単純でありながら複雑なものでもあり、幸運や不運と同等のも
『フットボール統計学の世界 “攻防率”(PDO)と“期待攻防率”(xPDO)』の画像

↑このページのトップヘ