今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測している。






残念なスタートの重要な理由の1つは、エヴァ―トンが非常に難しいスケジュールをこなしたことである。まだ10月でもないのに、すでにマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、チェルシーに直面している。これからパフォーマンスも上回ってくるだろう。

しかし、エヴァ―トンに関する心配は結果だけではなく、ロナルド・クーマンが選んだスタイルでもある。大まかに言えば、エヴァ―トンは非常に幅の狭い攻撃スタイルを選択しており、これはWB(5バックではなく4バックの時はSB)のみに依存する。ウェイン・ルーニーは、トランジションの起点となったりDFラインからパスを受けるために落ちるだけでなく、攻撃のフィニッシュのためにボックスでターゲットになる責任も負っている。
Everton_performance_900



これらの戦術的選択の結果は、ゆっくりなペースでプレーするチームである。ルーニーのペースの欠如とクーマンの選択によって、良い形でカウンターアタックができない。

クーマンのアプローチは確かに合理的なものであるが、先月はその限界を強調した。格上のチームやエヴァ―トンにアタッキングサードへボールを前進させる時間と空間を与えないチームとの試合では、危険な攻撃を生み出すことができなかった。強豪チームにカウンターアタックの心配がない場合、彼らは最も保守的な守備システムでさえも圧倒することができる。

この悲惨な最初の1ヶ月の後、クーマンは今エヴァ―トンのシーズンを定義する2つの質問に直面している。まずは、格上のチームとの対戦に失敗した後、彼のアプローチは残りのチームに対してうまくいくのかである。それがなければ、災害が待っている。

もう1つの質問はもう少し長期的である。エヴァ―トンが好む方法での壮大な失敗において、クーマンはプランBを開発し実装できるのかである。強豪に対して効果的にカウンターアタックを仕掛け、格下に対して組織的にプレーできるチームは、危険なチームである。後者だけしかできないものは、成功しても期待外れである。








最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメントもたくさんお待ちしております。
Twitterのほうもよければフォローしてください。(@tenchan433)