マンチェスター・シティはホームでポゼッションをコントロールする可能性が高く、リヴァプールはカウンターアタックをしようとしているだろう。しかし、最終的な試合結果を決めるのは、チームがポゼッションしていない時にどのようにプレッシングをかけるかである。

プレッシングを行うには、チーム全体の調和された動きを含め、膨大な量の組織構成が必要である。もし1人の選手が残りのチームメイトを残してプレッシングをかけボールを追いかけると、この選手はすぐに疲れてしまい、守備戦術が失敗する。以下は各チームこれまでに最も多くのプレッシングのポイントを得た8選手である。
Man_C_Liverpool_top_players_900
プレッシングはチーム全体で行われているが、シティと比較してリヴァプールではより各選手均等である。

クロップとグアルディオラはどちらも、最も脆弱な状態で相手を捕まえるため、ピッチの高い位置でプレッシングを適用する。これによって相手はスペースを制限され、パスが困難になる。アイディアは、選手を相手の中間ポジションに置き、インターセプトすることである。
Man_City_Liverpool_3_900
ボール保持時、シティはワイドなポゼッションベースのフットボールをする。彼らは一方のサイドから逆サイドへパスを循環させ、相手の守備陣の位置をずらしギャップを作る。

クロップのカウンタープレッシングの哲学は違うバリエーションである。クロップは以前「ボールを奪うのに最適な瞬間は、チームがボールを奪われた直後である」と発言している。

カウンタープレッシングは、ポゼッションを失った直後に相手にプレッシングをかけることを伴う。チーム全体がボールの方向にプレッシングをかけて、可能な限り大きな圧力を作ろうとする。目的は、フィールドの中心にいる選手に相手がパスするのをブロックすることである。
Man_City_Liverpool_4_900
ボールを奪取した後、リヴァプールはシティより直接的で、縦に攻撃する。目的はボールを素早く前進させ、できるだけ早く得点の機会を作り出すことである。





































最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメントもたくさんお待ちしております。
Twitterのほうもよければフォローしてください。(@tenchan433)