新たなシーズンが始まりプレミアリーグは3節までが終了してインターナショナルウィークの中断を迎えているが、選手のパフォーマンスを評価する指標の1つとなるxG(期待点)を用いて、ハリー・ケインに焦点を当てよう。昨シーズン、ケインはレスターとの最終戦で4得点を挙げ、29得点でプレミアリーグ得点王となった。トッテナムにとって不幸なことに、ケインは今シーズンまだ得点を奪うことができていない。
David_Sumpter_Harry_Kane_vs_Burnley_900
ショットはほとんどがエリア内の中央から放たれているため、xGの値は高く、良いチャンスと数えられる。トッテナムの中でトップのxGの値であり、すぐに得点を決めることが予想される。

彼は以前もシーズン開幕でスロースタートを切ったことがある。15/16シーズン、彼は最初の9試合で1得点だけだったが、xGでチーム最高を記録した。

前回のフランスとの国際親善試合では、以下のようにプレッシングで重要な守備での貢献を果たしたが、PKと至近距離でのチャンスで得点を奪った。
David_Sumpter_Harry_Kane_pressing_900
プレミアリーグのこれまでの試合のxGに基づきシュミレーションを行うと、以下のような順位となる。
xG_standings_Premier_League_900
マンチェスター・ユナイテッドはこのシュミレーションでもトップであり、xGでも優れたパフォーマンスを見せているが、トッテナムはケインのxGの高さから、実際に得点を奪うことができていれば4位が妥当ということになる。





最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメントもたくさんお待ちしております。
Twitterのほうもよければフォローしてください。(@tenchan433)