昨シーズン、モウリーニョはホームでのパフォーマンスを改善し、マンチェスター・ユナイテッドは一度しか負けなかった。しかし、ホームのオールド・トラフォードでは10試合のドローでシーズンを終え、プレミアリーグで最も多いホームでのドローを記録し、6位に終わった。

自宅での勝ち点不足は、チームがチャンスを得点に変えられなかった攻撃に起因する可能性がある。26得点という記録はトップ6の中で最もホームでの得点が少ないチームとなった。

8勝 10分け 1敗 26得点 12失点 得失点差14 勝ち点34

これまでチームの中枢を強化するために、夏の移籍市場が利用されていた。ベンフィカからCBのヴィクトル・リンデレフ、チェルシーからCMFのネマニャ・マティッチ、エヴァ―トンからCFのロメル・ルカクを連れてきた。

マティッチは低い位置で攻撃の芽を摘み、最も重要なことにポグバをより高い攻撃的な位置に解放できる。以下は8月13日のウエストハム戦のパスネットワークである。
man_united_passing_network_900
マティッチはネットワークの中央に位置し、ポグバはマタやムヒタリャンの近くでプレーしている。以下はマティッチの守備での貢献(守備アクションとプレッシングアクション)である。
Matic_defensive_actions_900

Matics_pressing_actions_900
マティッチの守備的なプレーによって、ポグバはより攻撃に参加できビルドアップに関与できる。
pogba_passing_accuracy_900

pogba_goal_900
ルカクは負傷したイブラヒモビッチの穴を埋めるために加入したが、昨シーズンの両者のパフォーマンスを比較すると、ユナイテッドのファンは楽観的になることができるだろう。

イブラヒモビッチ: 28試合2442分出場 17得点 116シュート 得点率55%
ルカク: 37試合3266分出場 25得点 110シュート 得点率64%
















最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメントもたくさんお待ちしております。
Twitterのほうもよければフォローしてください。(@tenchan433)