FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

アーセナル

昨シーズンのチェルシーとプレミアリーグへのアントニオ・コンテの最大の戦術的貢献は、3-4-3フォーメーションの導入だった。3-4-3システムでは、アザールやウィリアンのような選手高い位置でプレーさせられただけではなく、守備的にも強いことが証明された。以下は昨シーズ
『フットボール統計学 コンテの築いた守備組織は綻びを見せるのか チェルシー vs アーセナル』の画像

アーセナル vs レスター プレビュー全体として昨シーズン、アーセナルは例年よりも悪いシーズンだった。しかし、FAカップのチェルシー戦での勝利も含めて5月は6戦6勝と、良いシーズンの締めくくりだった。先日のエジルとサンチェス抜きでのチェルシーとのスーパーカップの勝
『フットボール統計学 アーセナル 4-3 レスター xGplot/passmap/Twelve's ranking』の画像

ビッグクラブの試合内容が悪いと疑い始めるのに、不運はどれだけ続くのだろうか。簡単にするために、サッカーチームが「最高(Brilliant)」か「最悪(Crap)」のいずれかになると想像する。これらはメディアがチームを表現する2つの状態であるが、それは良い出発点となる。確率
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容』の画像

ヒートマップはプレーの流れを理解する良い方法である。選手がパスを出して受ける場所を見ることで、彼らがどのようにしてビルドアップからゴールに貢献するかを理解するのに役立つ。ヒートマップは、多くのゴールやアシストが記録される前の、シーズンの序盤戦を評価するの
『フットボール統計学の世界 ヒートマップから分類する10番の選手』の画像

以下はマンチェスター・ユナイテッドの引き分けに終わったバーンリー戦のパスネットワークである。選手は赤い点であり、ボールを受けたりパスを出した平均位置に従って配置される。それらを結ぶグレーの線は、成功したパスの数を示している。線が太くなるほど、より多くのパ
『フットボール統計学の世界 分散型パスネットワーク > 集中型パスネットワーク』の画像

エジルやラムジーについて様々な意見があるが、それにはアーセン・ベンゲルのシステムを理解することが重要である。アーセナルは今シーズンの試合のほとんどにおいて、4-2-3-1フォーメーションを使用している。以下の図は、シーズン序盤のクリスタル・パレス戦でのパスネット
『“パスヒートマップ”(Pass Heat Map)が示すアーセナルの中盤の緊密さ』の画像

数字はサッカーに革命を起こしている。試合ごとに、選手たちのパス成功率、走行距離、得点率に関する統計情報が表示される。空想のフットボールのリーグでは得点、出場、アシストに応じて選手にポイントを割り当てている。賭けサイトでは、チームがシュート数、コーナーキッ
『“分布図”(Distribution Map)から考える戦術 マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル』の画像

今回は英語翻訳です。では早速ご覧ください。2015年12月21日プレミアリーグ第17節アーセナルFC対マンチェスター・シティFCホームのアーセナルがFWセオ・ウォルコット(#14)とFWオリヴィエ・ジルー(#12)のゴールを守りきり、マンチェスター・シティに2-1で勝利しました。
『ブロックを敷かれた時の対処法はCB~ アーセナル vs マンチェスター・シティ プレミアリーグ』の画像

今さらですが、マッチレビューの英語翻訳です。2015年11月04日に行なわれたグループステージ第4節は、ホームのバイエルン・ミュンヘンがMFトーマス・ミュラー(#25)とFWロベルト・レヴァンドフスキ(#9)、DFダビド・アラバ(#27)、FWアリエン・ロッベン(#10)のゴールに
『バスを並べるのに失敗したベンゲルと相手を自在に操ったグアルディオラ~ バイエルン・ミュンヘン vs アーセナル UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ』の画像

↑このページのトップヘ