FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

サッカーマティクス

フットボールの結果についての数学的説明は、ポアソン分布から直接見つけることができる。ゴールはポアソン分に従っており、チームは平均して約1.4ゴールを決めている。ポアソン分布では分散と平均が等しい。標準偏差は1.4の平方根(ルート)であり、1.18である。従って、ノイ
『フットボール統計学 ポアソン分布の信頼区間から考える得点とxGの比較』の画像

現在4シーズン目となる指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノは積極的なプレッシングのスタイルを確立している。スパーズは積極的にプレッシングを行い、相手チームにポゼッションをさせず、ボールを奪い取る。 しかし今シーズン、スパーズは状況によって通常の試合プラン
『フットボール統計学 トッテナムがリヴァプール戦で選ぶプレッシングのスタイル』の画像

マンチェスター・ユナイテッドは今シーズンの開幕でスタートダッシュを決めた。今シーズンの印象的なスタートを切った主な要因は、昨年に比べてより自由で、より攻撃的な役割を果たした中盤のポール・ポグバの強力なパフォーマンスだった。彼は守備、プレッシング、さらに攻
『フットボール統計学 ポグバ離脱の影響はあるのか マンチェスター・ユナイテッド 4-0 クリスタル・パレス』の画像

今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測
『フットボール統計学 クーマンのスタイルの問題点 エヴァ―トン』の画像

昨シーズンのチェルシーとプレミアリーグへのアントニオ・コンテの最大の戦術的貢献は、3-4-3フォーメーションの導入だった。3-4-3システムでは、アザールやウィリアンのような選手高い位置でプレーさせられただけではなく、守備的にも強いことが証明された。以下は昨シーズ
『フットボール統計学 コンテの築いた守備組織は綻びを見せるのか チェルシー vs アーセナル』の画像

マンチェスター・シティはホームでポゼッションをコントロールする可能性が高く、リヴァプールはカウンターアタックをしようとしているだろう。しかし、最終的な試合結果を決めるのは、チームがポゼッションしていない時にどのようにプレッシングをかけるかである。プレッシ
『フットボール統計学 グアルディオラとクロップのプレッシング対決 マンチェスター・シティ 5-0 リヴァプール』の画像

新たなシーズンが始まりプレミアリーグは3節までが終了してインターナショナルウィークの中断を迎えているが、選手のパフォーマンスを評価する指標の1つとなるxG(期待点)を用いて、ハリー・ケインに焦点を当てよう。昨シーズン、ケインはレスターとの最終戦で4得点を挙げ、29
『フットボール統計学 いつハリー・ケインが今シーズン初得点を奪うのか xGシュミレーションとプレッシングでの貢献』の画像

昨シーズン、モウリーニョはホームでのパフォーマンスを改善し、マンチェスター・ユナイテッドは一度しか負けなかった。しかし、ホームのオールド・トラフォードでは10試合のドローでシーズンを終え、プレミアリーグで最も多いホームでのドローを記録し、6位に終わった。自宅
『フットボール統計学 マティッチとルカクの加入がもたらす攻撃への効果 マンチェスター・ユナイテッド』の画像

昨シーズンのリヴァプールの最大の課題は、中位や下位のクラブからサイドを崩すことだった。彼らは上位に対していくつかの素晴らしい結果をもたらしたが、下位クラブに予想外の敗北をもたらした。その理由の1つは、ユルゲン・クロップのカウンタープレッシングやカウンターア
『フットボール統計学 リヴァプールはさらにカウンタープレッシングを極める』の画像

↑このページのトップヘ