FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

サッカーマティクス

全ての予測は十分に妥当なものに聞こえるが、どれを信頼すべきかを知る信頼できる方法はない。『サッカーマティクス』を書いた時、GracenoteでSimon Gleave氏が収集したデータを、専門家やファン、数学的モデルによるリーグの予測に使用した。そこで見つけたのは、これらの予
『フットボール統計学 ポアソン分布シミュレーターによるプレミアリーグ2017/18シーズンの優勝候補』の画像

アーセナル vs レスター プレビュー全体として昨シーズン、アーセナルは例年よりも悪いシーズンだった。しかし、FAカップのチェルシー戦での勝利も含めて5月は6戦6勝と、良いシーズンの締めくくりだった。先日のエジルとサンチェス抜きでのチェルシーとのスーパーカップの勝
『フットボール統計学 アーセナル 4-3 レスター xGplot/passmap/Twelve's ranking』の画像

我々はよくフットボールにおいて攻撃的な有名選手に集中してしまうが、多くの場合、結果を得てタイトルを獲得するのはDFやGKである。今シーズンはチェルシー攻撃で効果的であるだけでなく、17得点しか与えていない。2位のトッテナムはわずか16であり、マンチェスター・シティ
『フットボール統計学 守備を評価する被シュートの幾何学』の画像

前回の記事ではベイズの定理を使って、3連敗があればチームが「最悪」であるには十分だと主張した。フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが全て3連勝したことで「最高」であ
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える3連勝の信頼度』の画像

ビッグクラブの試合内容が悪いと疑い始めるのに、不運はどれだけ続くのだろうか。簡単にするために、サッカーチームが「最高(Brilliant)」か「最悪(Crap)」のいずれかになると想像する。これらはメディアがチームを表現する2つの状態であるが、それは良い出発点となる。確率
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容』の画像

ドイツ対イタリアのPK戦で10人のキッカーのうち、6人は得点に失敗した。そのうちの4人(メスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、グラツィアーノ・ペッレ、シモーネ・ザザ)が枠を捉えられなかったか、ポストに嫌われた。(2016年7月9日の記事)そして、彼
『フットボール統計学 完璧なPKに潜むスタッツ』の画像

選手の評価のためのシステムにとっての最大の課題の1つは、守備での貢献の測定である。守備はタックルとインターセプトの問題だけでなく、適切なポジショニングの問題である。選手にマークを付いたり、相手がボールを持っている時にプレッシングをかけることによって、良いデ
『フットボール統計学 守備の貢献の指標』の画像

フットボール選手は、パス数、タックル、パス成功率などの単純な統計に基づいて順位付けすることはできない。ポジショニングが悪いからタックルが多いのかもしれないし、簡単な選択肢しか選ばないからパス成功率が高いのかもしれない。私たちは、選手のパフォーマンスについ
『フットボール統計学 マルコフ連鎖によるランキング』の画像

NASAにはすでに、フリーキックについて説明するための研究チームがある。ボールの位置、方向、力、スピンを入力して、ターゲットに当たるかどうかを計算できるオンラインシュートシミュレータを作成している。オンラインで自由に入手可能なこのシミュレータを使いこなすと、
『フットボール物理学 パスの確率の可能性』の画像

月曜日の夜にレスター対リヴァプールの試合が行われた。レスターの復調は、マーク・オルブライトンとジェイミー・ヴァーディのペアによって見られた。以下はオルブライトンがヴァーディーにスルーパスを送った瞬間である。この種類のパスを行うために何が必要なのかを知るた
『フットボール統計学 パスシャドウ(Passing Shadow)から考えるスルーパス』の画像

↑このページのトップヘ