FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

チェルシー

今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測
『フットボール統計学 クーマンのスタイルの問題点 エヴァ―トン』の画像

昨シーズンのチェルシーとプレミアリーグへのアントニオ・コンテの最大の戦術的貢献は、3-4-3フォーメーションの導入だった。3-4-3システムでは、アザールやウィリアンのような選手高い位置でプレーさせられただけではなく、守備的にも強いことが証明された。以下は昨シーズ
『フットボール統計学 コンテの築いた守備組織は綻びを見せるのか チェルシー vs アーセナル』の画像

全ての予測は十分に妥当なものに聞こえるが、どれを信頼すべきかを知る信頼できる方法はない。『サッカーマティクス』を書いた時、GracenoteでSimon Gleave氏が収集したデータを、専門家やファン、数学的モデルによるリーグの予測に使用した。そこで見つけたのは、これらの予
『フットボール統計学 ポアソン分布シミュレーターによるプレミアリーグ2017/18シーズンの優勝候補』の画像

我々はよくフットボールにおいて攻撃的な有名選手に集中してしまうが、多くの場合、結果を得てタイトルを獲得するのはDFやGKである。今シーズンはチェルシー攻撃で効果的であるだけでなく、17得点しか与えていない。2位のトッテナムはわずか16であり、マンチェスター・シティ
『フットボール統計学 守備を評価する被シュートの幾何学』の画像

前回の記事ではベイズの定理を使って、3連敗があればチームが「最悪」であるには十分だと主張した。フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが全て3連勝したことで「最高」であ
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える3連勝の信頼度』の画像

ヒートマップはプレーの流れを理解する良い方法である。選手がパスを出して受ける場所を見ることで、彼らがどのようにしてビルドアップからゴールに貢献するかを理解するのに役立つ。ヒートマップは、多くのゴールやアシストが記録される前の、シーズンの序盤戦を評価するの
『フットボール統計学の世界 ヒートマップから分類する10番の選手』の画像

チームは、選手たちが繋がっている時に最も効果的である。繋がっているとは、選手たちがお互いの動きを予測してゲームを読むことである。これらの繋がりの多くは、微妙で統計だけで見ることは難しい。しかし、チームがどれだけうまく繋がっているかを定量化する方法がある。
『“パスネットワーク”(Passing Network)が示すエデン・アザールへの過剰な依存 チェルシー』の画像

↑このページのトップヘ