FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

トッテナム

現在4シーズン目となる指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノは積極的なプレッシングのスタイルを確立している。スパーズは積極的にプレッシングを行い、相手チームにポゼッションをさせず、ボールを奪い取る。 しかし今シーズン、スパーズは状況によって通常の試合プラン
『フットボール統計学 トッテナムがリヴァプール戦で選ぶプレッシングのスタイル』の画像

今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測
『フットボール統計学 クーマンのスタイルの問題点 エヴァ―トン』の画像

新たなシーズンが始まりプレミアリーグは3節までが終了してインターナショナルウィークの中断を迎えているが、選手のパフォーマンスを評価する指標の1つとなるxG(期待点)を用いて、ハリー・ケインに焦点を当てよう。昨シーズン、ケインはレスターとの最終戦で4得点を挙げ、29
『フットボール統計学 いつハリー・ケインが今シーズン初得点を奪うのか xGシュミレーションとプレッシングでの貢献』の画像

全ての予測は十分に妥当なものに聞こえるが、どれを信頼すべきかを知る信頼できる方法はない。『サッカーマティクス』を書いた時、GracenoteでSimon Gleave氏が収集したデータを、専門家やファン、数学的モデルによるリーグの予測に使用した。そこで見つけたのは、これらの予
『フットボール統計学 ポアソン分布シミュレーターによるプレミアリーグ2017/18シーズンの優勝候補』の画像

ペップ・グアルディオラとマウリシオ・ポチェッティーノのフットボール哲学には多くの類似点があり、今シーズン2度目のマンチェスター・シティとトッテナム・ホットスパーの試合は、プレッシングと高いDFラインにより速いペースで興奮するな試合を繰り広げた。しかし、トッテ
『マンチェスター・シティ vs トッテナム プレミアリーグ』の画像

↑このページのトップヘ