FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

マンチェスター・シティ

今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測
『フットボール統計学 クーマンのスタイルの問題点 エヴァ―トン』の画像

マンチェスター・シティはホームでポゼッションをコントロールする可能性が高く、リヴァプールはカウンターアタックをしようとしているだろう。しかし、最終的な試合結果を決めるのは、チームがポゼッションしていない時にどのようにプレッシングをかけるかである。プレッシ
『フットボール統計学 グアルディオラとクロップのプレッシング対決 マンチェスター・シティ 5-0 リヴァプール』の画像

全ての予測は十分に妥当なものに聞こえるが、どれを信頼すべきかを知る信頼できる方法はない。『サッカーマティクス』を書いた時、GracenoteでSimon Gleave氏が収集したデータを、専門家やファン、数学的モデルによるリーグの予測に使用した。そこで見つけたのは、これらの予
『フットボール統計学 ポアソン分布シミュレーターによるプレミアリーグ2017/18シーズンの優勝候補』の画像

我々はよくフットボールにおいて攻撃的な有名選手に集中してしまうが、多くの場合、結果を得てタイトルを獲得するのはDFやGKである。今シーズンはチェルシー攻撃で効果的であるだけでなく、17得点しか与えていない。2位のトッテナムはわずか16であり、マンチェスター・シティ
『フットボール統計学 守備を評価する被シュートの幾何学』の画像

前作(『ペップ・グアルディオラ キミにすべてを語ろう』マルティ・パラルナウ)ではバイエルンでの1年目について興味深い出来事を綴っている。欧州でも昨年、今回の新作についての多くの反響を見た。ここで本の内容に入る前に2つほどコメントしておきたい。まず、翻訳者も出
『『グアルディオラ総論』マルティ・ペラルナウ』の画像

前回の記事ではベイズの定理を使って、3連敗があればチームが「最悪」であるには十分だと主張した。フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが全て3連勝したことで「最高」であ
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える3連勝の信頼度』の画像

ビッグクラブの試合内容が悪いと疑い始めるのに、不運はどれだけ続くのだろうか。簡単にするために、サッカーチームが「最高(Brilliant)」か「最悪(Crap)」のいずれかになると想像する。これらはメディアがチームを表現する2つの状態であるが、それは良い出発点となる。確率
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容』の画像

現役時代バルセロナの選手として、ペップ・グアルディオラは守備的ミッドフィールダーとして、冷静なコントロールと正確なパスで知られていた。中盤の後ろからの視点から、彼は試合の幾何学を見ることができた。パス、オフ・ザ・ボールの動き、ポジショニングが試合にどのよ
『フットボール統計学の世界 グアルディオラのビルドアップと偽サイドバック』の画像

↑このページのトップヘ