FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは今シーズンの開幕でスタートダッシュを決めた。今シーズンの印象的なスタートを切った主な要因は、昨年に比べてより自由で、より攻撃的な役割を果たした中盤のポール・ポグバの強力なパフォーマンスだった。彼は守備、プレッシング、さらに攻
『フットボール統計学 ポグバ離脱の影響はあるのか マンチェスター・ユナイテッド 4-0 クリスタル・パレス』の画像

今シーズン初めの5試合はエヴァ―トンにとって難しかった。勝ち点4に加えて得失点差‐8で18位に沈んでいる。10失点はウエストハムと並んでリーグトップ、2得点はリーグで下から2番目である。xG(期待点)でも同様で、攻撃ではリーグ最少で2.6得点、守備でも10位の5.9失点と予測
『フットボール統計学 クーマンのスタイルの問題点 エヴァ―トン』の画像

昨シーズン、モウリーニョはホームでのパフォーマンスを改善し、マンチェスター・ユナイテッドは一度しか負けなかった。しかし、ホームのオールド・トラフォードでは10試合のドローでシーズンを終え、プレミアリーグで最も多いホームでのドローを記録し、6位に終わった。自宅
『フットボール統計学 マティッチとルカクの加入がもたらす攻撃への効果 マンチェスター・ユナイテッド』の画像

全ての予測は十分に妥当なものに聞こえるが、どれを信頼すべきかを知る信頼できる方法はない。『サッカーマティクス』を書いた時、GracenoteでSimon Gleave氏が収集したデータを、専門家やファン、数学的モデルによるリーグの予測に使用した。そこで見つけたのは、これらの予
『フットボール統計学 ポアソン分布シミュレーターによるプレミアリーグ2017/18シーズンの優勝候補』の画像

前回の記事ではベイズの定理を使って、3連敗があればチームが「最悪」であるには十分だと主張した。フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが全て3連勝したことで「最高」であ
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える3連勝の信頼度』の画像

ビッグクラブの試合内容が悪いと疑い始めるのに、不運はどれだけ続くのだろうか。簡単にするために、サッカーチームが「最高(Brilliant)」か「最悪(Crap)」のいずれかになると想像する。これらはメディアがチームを表現する2つの状態であるが、それは良い出発点となる。確率
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容』の画像

以下はマンチェスター・ユナイテッドの引き分けに終わったバーンリー戦のパスネットワークである。選手は赤い点であり、ボールを受けたりパスを出した平均位置に従って配置される。それらを結ぶグレーの線は、成功したパスの数を示している。線が太くなるほど、より多くのパ
『フットボール統計学の世界 分散型パスネットワーク > 集中型パスネットワーク』の画像

数字はサッカーに革命を起こしている。試合ごとに、選手たちのパス成功率、走行距離、得点率に関する統計情報が表示される。空想のフットボールのリーグでは得点、出場、アシストに応じて選手にポイントを割り当てている。賭けサイトでは、チームがシュート数、コーナーキッ
『“分布図”(Distribution Map)から考える戦術 マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル』の画像

↑このページのトップヘ