FourThreeThree フットボール統計学

サッカー戦術分析を中心に、サイエンスや読書などの趣味について書いているブログです 「意図のない、ティキタカは大嫌いだ!」 Positional Playが大好き

FourThreeThree フットボール統計学 イメージ画像

リヴァプール

現在4シーズン目となる指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノは積極的なプレッシングのスタイルを確立している。スパーズは積極的にプレッシングを行い、相手チームにポゼッションをさせず、ボールを奪い取る。 しかし今シーズン、スパーズは状況によって通常の試合プラン
『フットボール統計学 トッテナムがリヴァプール戦で選ぶプレッシングのスタイル』の画像

マンチェスター・シティはホームでポゼッションをコントロールする可能性が高く、リヴァプールはカウンターアタックをしようとしているだろう。しかし、最終的な試合結果を決めるのは、チームがポゼッションしていない時にどのようにプレッシングをかけるかである。プレッシ
『フットボール統計学 グアルディオラとクロップのプレッシング対決 マンチェスター・シティ 5-0 リヴァプール』の画像

昨シーズンのリヴァプールの最大の課題は、中位や下位のクラブからサイドを崩すことだった。彼らは上位に対していくつかの素晴らしい結果をもたらしたが、下位クラブに予想外の敗北をもたらした。その理由の1つは、ユルゲン・クロップのカウンタープレッシングやカウンターア
『フットボール統計学 リヴァプールはさらにカウンタープレッシングを極める』の画像

我々はよくフットボールにおいて攻撃的な有名選手に集中してしまうが、多くの場合、結果を得てタイトルを獲得するのはDFやGKである。今シーズンはチェルシー攻撃で効果的であるだけでなく、17得点しか与えていない。2位のトッテナムはわずか16であり、マンチェスター・シティ
『フットボール統計学 守備を評価する被シュートの幾何学』の画像

ビッグクラブの試合内容が悪いと疑い始めるのに、不運はどれだけ続くのだろうか。簡単にするために、サッカーチームが「最高(Brilliant)」か「最悪(Crap)」のいずれかになると想像する。これらはメディアがチームを表現する2つの状態であるが、それは良い出発点となる。確率
『フットボール統計学 条件付き確率とベイズの定理から考える結果と内容』の画像

ヒートマップはプレーの流れを理解する良い方法である。選手がパスを出して受ける場所を見ることで、彼らがどのようにしてビルドアップからゴールに貢献するかを理解するのに役立つ。ヒートマップは、多くのゴールやアシストが記録される前の、シーズンの序盤戦を評価するの
『フットボール統計学の世界 ヒートマップから分類する10番の選手』の画像

以下はマンチェスター・ユナイテッドの引き分けに終わったバーンリー戦のパスネットワークである。選手は赤い点であり、ボールを受けたりパスを出した平均位置に従って配置される。それらを結ぶグレーの線は、成功したパスの数を示している。線が太くなるほど、より多くのパ
『フットボール統計学の世界 分散型パスネットワーク > 集中型パスネットワーク』の画像

期待点は、ファンがチームを理解し、マネージャーが戦術を改善し、賭けでブックメーカーを倒すことができる方程式なのだろうか。残念ながら期待点は、フットボールの魔法の式ではない。期待点は出発点であるが、このテクニックの限界についても考える必要がある。まず期待点
『フットボール統計学の世界 期待点とビッグチャンス』の画像

リヴァプールは土曜日には勝利しなかったが、フィリペ・コウチーニョは絶好調だった。スパーズ(トッテナム)戦でのダニエル・スターリッジとのワンツーとそれに続く素晴らしいフィニッシュは、コウチーニョがベストなプレーを見せている完璧な例だった。今シーズンを通して
『フィリペ・コウチーニョのシュート距離と危険域でのチームプレー』の画像

↑このページのトップヘ